日記

ものづくりやワークショップなどの様々な活動、
日々思うことなどを綴っています

カテゴリー〈 展示会・イベント 〉

前回の銅鍋料理教室の翌日には
Rawカレー教室とRawスイーツ教室が開催されました。
今回は、そのRawカレー教室の模様をお伝えしたいと思います。
講師は、銅鍋料理教室と同じく恋するミヤムのcooking
福岡県の宮村ゆかりさんをお迎えして。

Rawカレーってなんだろう?
とお思いの方も多いと思いますが、私も今回が2回目。
前年の秋に開催した第1回の際には衝撃的なカレーでした。
Raw料理は、加熱しない。
もしくは、加熱しても40度以上の高温にしない
そんな工程を経て調理されてゆきます。

その際に活躍するのが、地元ツインバードさんのこのミキサー。
力強さと、素早さ、このRawカレーには最適とのこと。

参加者さんも、この衝撃のカレー教室を楽しみながらも
真剣に聞いていただきました。

爽やかさが吹き抜けると、前回参加された方からもご感想をいただき。
私自身、身体がよろこんでいることを感じます。

福岡でも、開催されておりますし
新潟でも、再度、開催させていただきたいと思っておりますので
その際は、一生に一度は、このRawカレー教室にご参加いただけたらと感じるひとときでした

数年前から福岡県に銅鍋づくり体験に呼んでいただいている
ミヤムの恋すすcookingの宮村ゆかりさんを

この度は、新潟県にお呼びし
てづくり銅鍋での料理教室を開催していただきました。
場所は、新潟市の街中にある医学町ビルにて。

まずは、バーニャカウダー的なソースを。
半分くらいの量になるくらいまで、煮込んで煮込んで
蒸し野菜と一緒にいただきます。

銅鍋は熱伝導率がよく、蓋をしていただくと対流も良くなり
蒸し野菜も色鮮やかにほくほくと。

お次は鶏皮のカリカリ焼。
油もしかずに、そのものから出てくる油で、ただただ、ひたすらに炒め続けます。
途中であまり、動かし過ぎずに、しっかりと焼き切ることで、こびりつきにくくなります。

その他にも、ナスを揚げたり。

鶏の塊肉を焼いたり。

豆腐的なものだったり。

季節の新玉ねぎに、肉詰めしたり。

炊き込みご飯だったり。


とても充実なひととき。

デモンストレーション方式の料理教室で、その日の素材を使い、臨機応変に様々な銅鍋の使い方をしていだきました。
銅鍋づくり体験とともに、このような使い方の教室も、同時開催してゆければ、と思っておりますので、ご関心持たれた方は、是非、ご連絡ください。

このように銅鍋を活かしていただけることを、とても嬉しく思います。
また、生活の中でも実践していただけたら幸いに思います。

先日、新潟市佐潟の辺りにある
ハーブランドシーズン様にて、銅鍋づくり体験会を開催させていただきました。

佐潟は、ラムサール条約にも登録されている心地の良い環境。
この日は、春麗らかな陽気の中、お庭での開催となりました。


風薫る季節。
光の溢れる中、ランチには、ハーブ入りのグリーンカレーと
身体に優しいスイーツ。
心と身体に染み入る美味しさに包まれるひととき。

エキスを集めるための器具でしょうか。
このような器具には、銅器が使われる場面も多く
海外でも身近な素材だと感じます。

お土産に、ローズヒップのハーブティーを買い込み。
また、ハーブ繁る季節に、伺いたいと思います。
この度のご縁も、心よりありがとうございました。

今シーズンも銅鍋づくり体験始まりました。
日本各地に伺い、道具を生み出す喜び、その道具を使う喜びを感じていただけたら幸いです。
今後の予定になります。

土日の空きもありますし、平日でも
大きな音が出せる場所があれば、伺いますので
主催してくださる方がおられましたら、ご連絡を心よりお待ちしております。

3月
23日土曜
 東京銅鍋づくり(残1席)
24日日曜
 東京銅鍋づくり(満席)
 銅鍋を使ったレシピワークショップ

30日土曜
 銅鍋づくりin大阪
31日日曜
 空き(銅鍋主催してくれる方は、ご連絡お待ちしております。)
4月
1日月曜
 銅鍋づくりin明石

13日土曜、14日日曜  工場蚤の市2019
13日土曜
 鎚起銅器職人 大橋 保隆さんによる銅鍋手作りの会in名古屋
20日
 ●満員御礼● 叩いて叩いて銅板手作り鍋の会

5月
11日土曜、12日日曜 福岡
18日土曜〜21日火曜 広島

============
【常設展示】
ヒメミズキ
(新潟県新潟市中央区中央区古町通2番町528)
 カップ、片口、盃、ミルクパン、スプーン、豆皿等

ツバメコーヒー
(新潟県燕市吉田2760−1)
 ニュートラルカップ、スタッキングカップ、盆

Bar Book Box
(新潟県中央区西堀通3−802−3)
 とりちろり、カップ、豆皿

地酒の都屋
(新潟県新潟市中央区親松2−3)
 デザイナー石川経治さんとの競作 盃、ぐい呑

福島県
家づくりと暮らしの学校 Roots 猪苗代
(福島県耶麻郡猪苗代町清水前2748−1)
 カップ、片口、盃、ミルクパン、スプーン、豆皿等

群馬県
Avanti
(群馬県前橋市千代田町3丁目6−15)
 オーダーメイドピッチャー、オリジナル皿、豆皿

本日、3月12日火曜。
手仕事仲間で、大阪市中津商店街で冨貴工房を営む
染め作家の冨田貴史さんより
和紙で作られた布の染物が届きました。

和紙で作られた布。
皆さまご存知だったでしょうか?
私は、初めて存在を知る機会となりました。
「和紙の布」
http://www.washinonuno.com/

こちらの染物は、私が銅鍋を持ち運ぶのに
なにかいいものないかな?と相談をした時に
「 こんな素敵な布があるよ!」
とゆうことで
その布に冨田さんに茜染やベンガラ染めを施してもらいました。

銅鍋づくり体験では、ご自身で生み出す
と表現させてもらっていますが
本当に、1日かけて一生懸命に叩き作り上げた銅鍋は
生み出すとゆう言葉がぴったりくると思います。
その生み出した銅鍋を包むのには
この強くしなやかな和紙の布と茜染がぴったりきます。

銅鍋を作られた皆さん
ご自身が生み出した銅鍋を包むのに
こんな素敵な染め物いかがですか?
今月末からの東京ツアーから持ち歩きますし
銅鍋参加者さんには、郵送もさせてもらいますので
種類や価格などお気軽にお問い合わせください。

冨田貴史さんの染めは、 心にも染み入ります。
銅鍋が喜んでくれているのが、 とても感じられる布。
この一体感を是非、みなさんのお鍋でも。

手仕事の深さ
感じる夜です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月の睦月晦日。
新潟市のワインバーピノとグリさんのお祝いの席でお会いした
渡辺鍛造所社長 渡辺嘉治さんの工場へ見学に寄せていただきました。
長岡市に在る渡辺鍛造所さんは、昭和12年よりの創業
当初より、工作機械の部品を製造されていたとのことで
今も、同じく工作機械の部品を製造され続けている歴史のある工場。

鍛造とは、金属に圧力をかけ、鍛え強度を出すための技法で
刀や甲冑などにも、鍛造とゆう方法がとられています。
鋳造とゆう、金属を溶かして流し込む方法は、気泡ができますが、この鍛造ですと、その気泡を潰し、強い部品をつくれるとのこと。
この鍛造機は300トンの力を持ち、何人もの手で部品が作られてゆきます。

こちらの筒状のものが、材料。

このようなリフトを操り、熱しつつ、圧力をかけてゆきます。

精密さが要求される、工作部品の一部。
南極観測隊のキャタピラーなどの部品も作られているとのこと。

こちらは、溶断の設備。
鎚起銅器の道具も、以前は鍛造してつくるものが多かったですが、今ですとこのような溶断の方法で製作することも可能のようです。

様々な、手作りの道具。
やはり、職人の道具は、手作りでその作業にあったものをつくるのが、基本ですね。

こちらは、丸い穴を叩いて六角にした部品。
削るのではなく、叩くことで、何度使っても耐えうるものになるとか。

同じ金属でも、様々な製作方法があります。
鍛造、鋳造、板金、彫金、鍛金などなど。
金属加工の集中する燕三条でも、エアハンマーなどを使い、包丁などをつくる作業は見たことがありましたが、このような大きな鍛造を見たことはありませんでした。
日本各地から注文がくる、渡辺鍛造所さん。
ワインが繋げてくれるご縁が、このように深めさせてもらえることを、とても嬉しく思います。
そして、新しい視点を与えてくれる、学びの時間ともなります。

製法は違っても、職人としての姿勢や空間を拝見し、改めて褌を締め直し、明日からの仕事にかかろうと思います。
この度も、ありがとうございました。

各地で開催させていただいております。
銅鍋づくり体験会も5年になりました。
銅鍋づくり体験の参加者さんも、ご自身の生み出した道具で
お料理を楽しんでいただけることを嬉しく思います。
鎚起銅器手づくり銅鍋愛好会
いろんなアイディアで、パンを焼いたり、餃子を焼いたり
煮たり、焼いたり、揚げたり、オーブンに入れたりと
様々に活用いただいております。

銅鍋づくり体験でも、ご自身で蓋をお持ちいただいたり
注ぎ口をつけたりといろんなアイディアで銅鍋を製作されています。

また、回を重ねるごとに
「もっと、こんなものをつくりたい!」
とゆうご要望をいただくようになりました。

ですので
今回鎚起銅器の銅鍋づくりKitを販売させていただきます。
内容としては、木台、金鎚、木槌、ヤスリ、紙やすり、銅材料、取っ手など
銅鍋がつくれる基本Kitとなり、税込50,000円となります。
銅材料も、このKitをお持ちの方には、私の方から提供させていただきます。
まずは、この銅鍋づくりKitに慣れていただき
その後はまた新しいものにチャレンジしていただけたらと思います。

只今、各種道具を集めています。
木台を木製食器 KIYA DESIGNさんにお願いし
先日受け取らせていただきました。
まずは、限定3つで販売開始させていただきます。

ご関心ある方は、お気軽にお問い合わせください。
https://tsuiki-oohashi.com/contact/
鎚起銅器の世界に、飛び込んでくださるみなさん
心よりお待ちしております。

銅鍋づくり体験会今後の予定です。
また、各地、近辺で主催をしていただける方も
お問い合わせいただけたら幸いです。

◎銅鍋づくり体験
3月
 鎚起銅器銅鍋づくり体験 in三条 3/17(日)
 10日日曜 春の銅鍋作り(残り2席) 
      ハーブランドシーズン様にて開催
 20日水曜 手作り銅鍋で料理教室 in医学町ビル 3/20(水)
 21日木曜祝日 
   Rawカレー教室 in医学町ビル 3/21(木・祝)
   Rowスイーツ教室 in医学町ビル 3/21(木・祝)
 23日土曜 銅鍋づくり 東京
 24日日曜 銅鍋づくり 東京

4月
 13日土曜 
  鎚起銅器職人 大橋 保隆さんによる銅鍋手作りの会in名古屋
 20日土曜 叩いて叩いて銅板手作り鍋の会 in山梨

5月
  11日土曜、12日日曜 福岡
  18日土曜〜21日火曜 広島