日記

ものづくりやワークショップなどの様々な活動、
日々思うことなどを綴っています

カテゴリー〈 銅鍋づくり体験 〉

今シーズン最後の西日本ツアーも、神戸、福岡、和歌山を巡らせていただき、無事に終了させていただきました。
今年も、日本各地から、台湾、フランスへと各地へ赴かせていただき、銅鍋づくりを通して、ご自身で生み出した道具の存在とゆうものを実感していただけたことと思います。
私は製作するための道具を持って伺い、作り方をお伝えするだけで、ご自身の力で生み出していただくとゆう、この途方も無い体験会にご参加いただいたみなさん、心よりありがとうございました。
また、来年もお声がけいただいており、2月には前橋、3月に末には福岡と伺う予定でおります。
その道中で企画してくださる方がおられましたら、是非、お気軽にご相談ください。大きな音が出せる場所と、車から重い荷物を運べる場所でしたら、軽バンに荷物を積んで伺います。

FBページの鎚起銅器銅鍋づくり愛好会も402名の方々にご参加いただき、ご自身で生み出した道具で、日々のお料理を楽しんでくださっている模様をupしていただいております。

そして、来シーズンも2020年2月から本格的に始動を致します。
その際、次回より参加費を県内13,000円(県外での企画については、交通費等をいただきます。)とさせていただきます。
参加費の変更について、銅材の用意が難しくなったとゆうこともあるのですが、持ち物について考えておりました。
以前は、こんな途方も無い銅鍋づくりに参加していただくには、準備からしっかりと意識を持ってしていただいた方が良い。と思っていたのです。しかしながら、この体験のために、軍手やクッションなどを購入されて、その後はご使用にならないとゆうような状況も生まれてきているようなのです。
ですので、今までの参加要件の持ち物(耳栓、軍手、クッション)については、こちらで用意させていただきます。
ですので、三条ものづくり学校様での毎月の開催につきましても、お昼のご用意をしていただけたら(お弁当をご持参でも、外食でも構いません。)それでご参加いただけます。
10時から16時までの長丁場となります。この時間に集中して、体力気力ともに、注ぎ込んでいただけたら幸いです。
また、県外での開催していただく際にも、カフェでランチ付きや、銅鍋料理教室と一緒に企画していただくなど、幅広い展開でお声がけいただけたらと思います。

2013年の12月7日より始まった銅鍋づくり体験も、このように広がりと共に、何度も参加していただき技術の深まりがあることを、心より嬉しく思います。
また、来年も日本各地、世界各国に道具を持って、伺いたいと思っておりますので、ご縁があるみなさん、心よりお待ちしております。

今後の予定
鎚起銅器 銅鍋づくり体験会 in三条 1/19(日)
鎚起銅器 銅鍋づくり体験会 in三条 2/16(日)
鎚起銅器 銅鍋づくり体験会 in三条 3/8(日)

神戸での銅鍋づくり体験にお声がけしてくれた、書家の華雪さんから、翌日に奈良へ墨づくりの見学と、握り墨づくりに行くとのことで、ご一緒させてもらいました。
穏やかな冬の晴れ間に、ピクニック気分での奈良行き。
他の職人さんの仕事を見せてもらう、とても良い機会となりました。

向かった先は、奈良市内の墨運堂さん。大きな資料館と製作現場が一緒になり、製作現場も見学できるような施設です。

その日は、職歴17年の職人さんが居られ、実際に墨を製作されていました。
墨とゆうと、硬いイメージですが型から取り出した墨はまだ柔らかく、そこから水分が抜けることで、徐々に硬くなってゆくとのこと。
表面に施されている、このような木型も段々とつくれる職人さんが少なくなり、模様を彫る工程も今勉強中とのこと。
この辺りは、どこの伝統産業でも聞かれる話で、鎚起銅器の世界でも、道具をつくれる職人さんが、私の経験年数の中でも、確実に減っています。

墨の製作工程を見学させてもらい、この材料のほとんどは、私たちが彫金で使う松ヤニとゆう道具と同じだと知りました。私たちの使う松ヤニは油を使い、もっとドロッとしていますが松ヤニとすすと油を混ぜたもの。
温めると柔らかくなり、冷めると硬くなる性質があり、表札などの製作に使う道具です。

今回知って、そうかと思ったことの大きなひとつ。墨は竜脳で香りづけをしているとのことで、この香りづけをしないと、とても嗅げるような匂いではないとゆうこと。私の好きな墨の香りは、ここから来ていたのかと。

油を燃やし煤をとることが、とても大切な作業。煤の具合で、色も変わり、品質に関わる。
また膠を溶かす作業も根気のいる作業となっており、ゆっくりじっくりと溶かしてゆくとのこと。
その膠と煤や竜脳などを混ぜる作業も、模型のように、昔は人手で攪拌していたようですが、今は機会化が進み、だいぶ楽になったとおしゃっていました。
そこも、伝統工芸の共通点で、時代とともに作業も変化してゆきます。

墨から硯、書の説明と1時間ほどのお話を伺った後に、握り墨の製作に。

先ほどの職人さんが練ってくれたものを、手のひらに乗せてもらい、ぎゅっと握る。握り方でそれぞれの表情が出て、面白い体験でした。袋の中に入れて水分を飛ばせば、3ヶ月ほどで使えるようになるとのこと。

今回の見学を通して、職種は違えど、伝統産業の現場は共通する部分が多いなとゆうことと、これからの職人の育成について考える機会となりました。
そして、墨と硯、水の関係を知れたことで、書の作品を観る際の補助線をいただきました。
お声がけいただいた華雪さん、心よりありがとうございました。

只今、西日本ツアーの真っ最中。
神戸での銅鍋づくり体験が終わり、明日からの福岡での銅鍋づくりへと、今回のツアーも、着実に歩を進めております。

いつも、九州へ銅鍋づくり体験で赴く際には、門司港のホテルで行き交う船を眺めながら、今後のことを考えることが、一つの儀式のようになっております。今回も2泊3日でホテルに籠り、来年のことを考えています。

そのひとつとして、今後は銅のカップを定番から外します。
一番身近に感じ、確かに毎日使うものではあるのですが、それを鎚起銅器の入門編として提示するのが、よいことなのだろうか?と考えた末に。
銅は熱伝導率がよく、その特性を活かしたものとして、湯沸や銅鍋は重宝します。その反転として、カップに冷たいものを入れた際には、汗をかいてしまうのです。それが良いのかどうか。とゆうことをずっと考えていたのです。

ですので、鎚起銅器入門編としては、ツバメコーヒーさんが企画デザインしてくれた、盆をオススメしたいと思います。
こちらも、日々のお料理を楽しんでもらう際には、冷やして使っても良いですし、少し、あたたかくして使っても良い器。サイズも5寸から1尺1寸まで、1寸刻みで製作しています。

また、最初に鎚起銅器の技術がたくさん詰まった湯沸から始めてもらえたら、その特性を存分に感じてもらえるものと思いますが、そのハードルが高い場合には、鍋も200年前と変わらずに生活に適した器としてご活用いただけると思います。

しかし、やはり入門編とゆうことで触れていただく為には、どんなものが鎚起銅器の特徴を活かしつつ、身近に使っていただけるかを、これから更に考えて試作をしてゆきたいと思います。
また、体験とゆう形で、銅鍋づくりをしていただき、ご自身の手で生み出した道具から始めていただけることもよいかと思います。ご自身の手で、ご自身のつくりたい形を生み出す。そんな銅鍋づくり体験も、引き続き開催し続けたいと思います。
1日かけて1枚の銅板からつくる銅鍋づくり体験の模様はこちらから
銅鍋づくり体験 in新潟
2020年も3月から11月にかけて、日本各地で銅鍋づくり体験を主催してくださる場所に伺います。
詳細につきましては、銅鍋づくり体験についてをご覧ください。

とはいえ、カップの手触りやその特徴をご理解いただき、ご要望があればお作りいたしますし、新潟市東中通一番町にあるBarBookBoxさんのように、カップやチロリを実感していただける店舗もございますので、是非、そちらに足を運んでいただき、カップをお使いいただき、ご納得の上で形など店主に相談していただけたら、私も製作しがいがあるものです。

「カップは鎚起銅器の入門編としてはどうなのか?」とゆう問いから、このような形になりましたが、引き続き、鎚起銅器を通して想像力を育んでいただけるように、出張から帰り次第製作に励みたいと思います。
そして、工房で製作に励みつつ、各地に赴き鎚起銅器をお伝えすると共に、見聞を広め、今の器作りを続けてゆきます。

12月4日水曜日、関門海峡臨むホテルにて。
鎚起銅器職人大橋保隆