日記

ものづくりやワークショップなどの様々な活動、
日々思うことなどを綴っています

カテゴリー〈 鎚起銅器道場 〉

昨年、新潟市西蒲区岩室に購入した「石瀬の家」も、駐車場が広くなりました。
石瀬の家の一角にある、鎚起銅器道場機能も本格的に稼働しております。
2024年初夏の銅器づくり体験は、6月30日日曜の10時から16時に開催。
そのコースによって時間も変わってきますので、みなさんの良きタイミングでご参加ください。

端材を活用する「豆皿づくり体験」を主軸として、小皿づくり、銅鍋づくり、真鍮のスプーンづくりなどなど。
各種銅器づくり体験を開催します。
今回から22センチのミニフライパンもメニューイン。
もし、「こんな銅器をつくってみたい!」とゆうご要望があれば、応えられる範囲で製作いただけます。
数日かけての本格的な銅器づくりも、ご相談ください。
小さいカップなら1日で完成できるかもしれません。
こちらは1時間2,200円でご利用いただけます。

ご参加を心よりお待ちしております。
豆皿づくり 4,400円 60分〜90分
小皿づくり 4,400円 60分〜90分
小さい銅鍋づくり(20センチ) 12,100円 90分〜150分
大きな銅鍋づくり(30センチ) 16,500円 180分〜240分
ミニフライパンづくり(22センチ)17,600円 90分〜150分
銅や真鍮の端材計り売り

銅鍋づくり体験の折に、「もっとこんな銅器をつくってみたい!」とゆうお声をいただき。何かできることはないか?とずっと考えておりましたが、一昨年に取得した石瀬の家を活用することで、そこに道場を構えることができるのではないかと考え、仲間と共にこの場をつくりあげ、この度、鎚起銅器を開設することができました。

この度、2月の末に、2泊3日で滋賀県より3名の方々に参加いただきました。

鎚起銅器は、一枚から叩き起こし器をつくる技術。ご参加の皆さんにも1枚の銅板から始めていただきます。
銅は、叩くと硬くなり、火にかけると柔らかくなる。その性質を利用。銅板を柔らかくすることを「焼き鈍し」と言います。
鉄などは、熱間加工と言い、熱して赤くしながら叩くイメージがあるかと思います。銅の場合は、焼き鈍しした後に水の中に入れて様しても柔らかいままなので、手に持っての加工ができ、加工性が高いと言われています。

先ずは、木台で立ち上げ切っ掛けを作り、その後鉄の棒の上で、金鎚で叩く。銅鍋づくり体験では、この木台と木槌だけで形をつくっていますが、道場では焼き鈍しの設備があるために、金鎚を使うことができます。

焼き鈍しをしては金鎚で叩く、ひたすらそれを繰り返して器を立ち上げてゆきます。
今回は、ミルクパンとちろりの製作。事前のmailのやり取りで図案をいただき、その図案をもとに私が寸法を計算し、板を切り出します。鎚起銅器では、背の高くなるほど手間のかかる作業。そして、材料の寸法も大きくなります。

地味な作業ではありますが、ひたすらに繰り返す中で、徐々に変化してゆく銅器を叩く時間は、目の前のことに集中し無心になる時間でもあるようです。
1日目は、終了。

2日目をひたすらに叩く。

ミルクパンの皆さんは、下部分の丸みを出すために、内側から木槌で叩きフォルムを見ながら形をつくってゆきます。
そして、口の寸法が図案の大きさになるまで、また只管に金鎚で叩く。

ある程度の形が見えながら、二日目終了。
みなさん1日、頑張ってくれました。

さて、最終日。
大まかな形が完成したら、最後は木槌で整え、綺麗な金鎚で叩き、製作過程でできた鎚目を整えてゆきます。これを「均し」作業と言います。均しというだけに、製作途中で差が出た銅の肉厚を叩いて均一にしてゆく作業です。

その後、口をつけたり。取っ手をつけたら、形は完成。
最後の仕上げに入ります。

銅は、磨けば新品の10円玉のようにピカピカになります。その分、指紋がつきやすくなります。鎚起銅器では、仕上げをすることで、何十年分かの経年変化を器全体にさせることで、安定した状態にします。
先ずは、綺麗に磨き、硫化カリュウムにつけ込み、黒くします。

その黒くしたものを残して、そのままで仕上げを終えることもできますし、磨き落として、緑青硫酸銅で煮込むことで、茶色に仕上げることもできます。

こちらは、緑青硫酸銅での煮込み作業。

お好きな色。と言われても最初の作業だとどんな風に変化してゆくのかわからないと思いますが、自然色として使っていくうちに変化してゆくもの。しかし、ピカピカな銅器よりも、このような仕上げをした銅器の方が色の成長がよいようです。
こちら、みなさんの作品。
銅鍋づくり体験西日本ツアーで主催をしてくださり、何度も経験してくださっている中で、今回も諦めずに一生懸命叩いてくださった想いが、この形になっています。

それぞれの表情があり、慈しみを感じます。私は慣れてしまい、このような表情を出すことはもうできなくなっただけに、みなさんの作品を見せてもらうことで、初心を思い出させてくれます。
私の経験をお伝えしながら、初心を思い出させ出させてくれる鎚起銅器道場。これから、どんな風に成長してゆくのか、みなさんも一緒に育てていってくだされば幸いです。

昨年より、始まりまったこの鎚起銅器道場開設に向けての準備。新潟市北区の建築士 アトリエnicoの羽ヶ崎章さん、出雲崎の木工作家 Ojn Handmade Hut ワダヨシヒトさん、長岡の鍛造所 渡辺さん、大工のマーシーさんにご協力いただき、また、新潟県のチャレンジ補助金(申請中)を活用させていただくことで、このような形にすることができました。
昨年の夏には、三和土や漆喰塗り、レンガ張りも多くの方にご協力いただき、ありがとうございました。
ご協力いただいた皆様にも、また、成長した道場の姿をご覧いただけたら幸いです。

こちらは、参加者さんから送っていただいた画像。
焼き鈍しと叩きを何度も繰り返し、形になってゆく様がわかりやすいものをいただきました。
またのお越しを、心よりお待ちしております。

この夏より、準備を進めておりました鎚起銅器道場を、いよいよ本格的に始動します。
銅鍋づくり体験で、各地を巡り、新潟県内外問わず、コップや深い鍋など、「もっといろんなものをつくってみたい!」とゆう言葉にお答えして、新潟市西蒲区に鎚起銅器道場を設営しました。
こちらでの準備も整いそうですので、参加希望の方を募るための告知も進めます。
当日は、大橋保隆が指導をさせていただきます。鎚起銅器がどんな風に形になってゆくのか。また、ご自身が丹精込めてつくった器で生活を楽しんでいただけたら嬉しく思います。
最初から難しい形は困難もあるかと思いますが、事前に図案のやり取りをさせていただいたりと、相談を進めてゆきます。

コースは2種類。
県内の方には、「通いコース」を。
県外の方には、「連泊コース」をご用意しました。

「通いコース」は、毎月第1と第3の金曜と土曜のお好きな日時に、道場に来ていただき、銅器の製作を進めていただくコース。
基本料金は、5,000円+1時間2,500円+材料代。
器の形によって、製作時間はだいぶ変わりますので、その点もご理解ください。
事前に、mailで図案のやり取りをさせていただき、大体の時間を確認して、製作に入ります。
(上記の曜日や金額などは、変更する場合があります。)

「連泊コース」は、日程を相談させていただき、2日間から受け付けます。
集中して、
基本料金 5,000円+半日4時間 8,000円+材料代
事前に、mailで図案のやり取りをさせていただき、宿泊場所なども提案させていただきます。近くに温泉宿などもありますし、ビジネスホテルもあります。
それぞれの形で、鎚起銅器づくりに臨んでいただけたら幸いです。

私の普段の製作ペースで、こちらのカップなどが1日で1個。

ミニパンで1日半。

こちらで、2日半。

私の製作時間で、このような時間となります。
ですので、皆さんの製作時間はこれよりも長くなりますが、その辺りは余裕をもって時間設定をしていただけたらと思っています。

一枚の板を金鎚で叩き、器にしてゆく鎚起銅器の集中時間を楽しんでいただけたら幸いです。
お申し込み、お問い合わせはこちらから
また、様々に進化してゆくと思いますが、ご参加のほど、心よりお待ちしております。